"世界的に見ても日本の賃貸物件の数は多い方であり、シーズンで無い時には多くの物件から選ぶことが出来ます。
ただし引越しシーズンとなってしまいますと、逆に良い物件と出会えなくなってしまうのでタイミングが非常に重要なのです。賃貸物件に住んだ時に毎月支払うのは家賃だけに限ったことではありません。
家賃だけに囚われすぎてしまうと、その他管理費や駐車料金などの存在を忘れがちですので、総支払額を考慮して物件探しをすることが大切です。

 

家賃を設定する時には毎月の収入の3分の1以下に抑えるのが目安となっています。
当然のことですが、家賃が高くなればなるほどその分初期費用として支払う金額が高くなってくることを忘れてはいけません。

 

物件探しでは広さや部屋数はあまりこだわらない方が確かに探しやすくなりますが、荷物が入らなかったでは意味がありません。
今現在利用をしている家具などをそのまま引越しする場合には、その家具を搬入することが出来るかどうかをメジャーなどを使用して計測しておきましょう。"



設定家賃は収入の3分の1以下に抑えようブログ:19-2-14

「食べること」と「食べないこと」では
どちらの方が痩せるでしょうか?
…という質問をしたら、ほとんどの人は、
「食べないこと」と答えるでしょう。

僕も昔は、そう思っていました。
実際、食べなければ、
ふつかみっかで
6`〜6`は簡単に痩せますからね。

この思い込みから、
多くの人は食べない減量を始めます。
そして、すぐに痩せ始めます。
当然ですよね。
肉体にエネルギーを入れずに、どんどん使うのですから…

しかし、人間の肉体は良く出来ていて、
肉体に蓄えていたエネルギーが突然減り始めると
エネルギーの節約が始まり、入ってきた食べ物から少しでも
エネルギーを取り込もうとし始めます。

このため、徐々に痩せにくい肉体に変化し、
一生懸命に減量しても、
体重の減らない時期が始まります。
これが、停滞期の正体なんです。

さらに、十分にごはんを食べていないと、
栄養不足にもなってしまいます。
炭水化物などの消化は、
色々な栄養素が複雑に絡み合って行われているので、
栄養が不足していると、消化が十分に行われなくなるんですよ。

だから、
ちょっとしか食べていないのに、
体重が増えるという現象が起こるのです。

好きなおやつも食べられない。
でも、体重は減らない。
ちょっとでもごはんを食べると、
体重は簡単に増えてしまう。
どんどんストレスはたまり、ついには減量を断念!
そして、リバウンド。

このように
食べない減量は、
リバウンドを起こすと同時に、痩せにくい肉体を作り出すのです。

一方、規則正しい食生活を送れば、
ストレスも溜まりにくくなり、
さらに太りにくい肉体になれるのです。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。

このページの先頭へ戻る