良い物件は広告を出さなくても埋まる

良い物件は広告を出さなくても埋まる


良い物件は広告を出さなくても埋まる
"一つの不動産屋へ足を運ぶと、そこには数多くの賃貸物件が紹介されていることでしょう。
しかし貴方が住みたいエリアの賃貸を探すのでしたら、その現地の不動産屋で賃貸探しをすると良いでしょう。不動産情報やチラシに掲載されている賃貸物件だけが、不動産会社のおすすめ物件だと思っている人が多くいます。
実際に不動産屋がオススメをして紹介をしたい物件といのは、わざわざ広告を出すことなく次々と契約が済まされているものなのです。

不動産屋の広告などでおすすめ!!!と宣伝されている賃貸物件は本当におすすめのものではありません。
正直このような広告の物件というのは一番にオススメをしたい物件ではなく、2〜3番目程度にオススメをしている物件なのです。

人気のおすすめ賃貸物件に空が出た場合にすぐに声をかけてもらうことが出来る方法があります。
それは担当者と顔見知りになってある程度仲良くなっておくこととなります。"




良い物件は広告を出さなくても埋まるブログ:18-8-21

わしの親父は、優しくてすごく頼りがいのある人です。
少なくとも、わしにはそのように感じていました。

わしは、
親父のようにならなくてはならないと思っていたのかもしれません。
もしかしたら、わしが、
親父にようになれと言われてきたのかもしれません。

でも、そんなわしを試すかのように、
何度となく自分自身を情けなく
女々しくさせるようなことが起こりました。

そして、
「こんなわしでもいい?」というかのように、
親父の前で何度も、
そんな情けないわしを見せてきました。

出社拒否なんか、まさしくそうでした。

親父は、
「そんなときもあるよ…」
といってくれるのですが、
わし自身はそれを認めないんですよね。

「そんなこといってるけど、本当は怒ってるよね?」
と、自分自身が問いかけていたような気もします。

自分自身で認めたいけれど、それができないから、
親父に認めてもらうことで納得したい、
許してもらいたいというのがあったと思います。

そして、それを試すようにいつまでも
ウジウジと女々しい自分を
親父に見せたりしてたような気もします。

そして、
親父が怒り出したら、
「ほら、やっぱり」って、
こんなわしじゃダメだよねって思ったりしてたんですよね。

こんなことは建設的じゃないと思うんですが、
わしは何か新しいことを始める時に出てくる
パターンになってしまっていました。

そして、その自信のない自分を満たしてもらいたいという感情は、
父母と息子の関係だけでなく
旦那と奥さんの関係でも、
このパターンが出てきたりするんですよね。

そんなとき、こんな情けない自分でもOK!を出せれば、
すごく楽になるんだと思うんですよね。

良い物件は広告を出さなくても埋まる

良い物件は広告を出さなくても埋まる

★メニュー

設定家賃は収入の3分の1以下に抑えよう
未来を考えて賃貸物件を探す
賃貸契約の前に大家さん自身が審査
失敗をしない上手に引越しをするポイント
周辺環境など細かく物件の下見をしよう
足を使った賃貸物件探しが大切
最初に不動産屋へ問い合わせ
賃貸で起こりうるトラブル対処
良い物件は広告を出さなくても埋まる
納得の契約をするには賃貸物件情報の収集


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)探すなら便利でお得な賃貸