設定家賃は収入の3分の1以下に抑えよう

設定家賃は収入の3分の1以下に抑えよう



設定家賃は収入の3分の1以下に抑えようブログ:14-5-23


出産後の体型の崩れをなんとかしたい!と思うのは、
産後の母共通の思いですよね。

産後の体に関する女性の悩みのアンケートを見ると、
最も多い悩みは体力の低下と体型の崩れです。

産後の減量では、骨盤が重要なポイントになります。

産後の骨盤は開いてしまうものです。
また「仙骨」と呼ばれる、
ヒップの骨も歪むことで骨盤全体が広がってしまいます。
この緩みきった状態で、戻らないことも多いので、
骨盤矯正が有効な対策とされているのです。

骨盤が開いた状態で何年も過ごすと、
パンツがはけなくなったり、太りやすい体になったり、
腰痛等の痛みなども引き起こすこともあります。
姿勢も悪くなり、ストレスが溜まりやすくなったり、
同時に垂れたヒップの原因や、
ヒップ・ウエストまわりが
自然と大きくなってくることもあります。

そこで自分に合った
骨盤矯正体操やストレッチなどを連日続ける事が大事です。

無理をすると、筋肉を痛めてしまうので
焦らずにゆっくりと続けましょう。

産後減量をはじめるきっかけとして、
体重は元に戻っているのに、大きくなったヒップが悩みの種で
産後減量に取り組む方も多いです。

普段は使わない腰の横の筋肉を使って、
なかなか落ちない腰周りの脂肪を落とす
産後減量の体操で、
ぼくがオススメなのは…

@横向きに寝て肘で体を支える
Aそのまま真っ直ぐ体を維持
B息を吐きながらゆっくりあしをあげる
C上げたらそのままキープ
Dそしてゆっくりとあしを下ろす…
これを左右30回ずつ行います。

簡単にできる体操ですから、続けてみてくださいね。

aws

設定家賃は収入の3分の1以下に抑えよう

設定家賃は収入の3分の1以下に抑えよう

★メニュー

設定家賃は収入の3分の1以下に抑えよう
未来を考えて賃貸物件を探す
賃貸契約の前に大家さん自身が審査
失敗をしない上手に引越しをするポイント
周辺環境など細かく物件の下見をしよう
足を使った賃貸物件探しが大切
最初に不動産屋へ問い合わせ
賃貸で起こりうるトラブル対処
良い物件は広告を出さなくても埋まる
納得の契約をするには賃貸物件情報の収集


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)探すなら便利でお得な賃貸