設定家賃は収入の3分の1以下に抑えよう

設定家賃は収入の3分の1以下に抑えよう


設定家賃は収入の3分の1以下に抑えよう
"世界的に見ても日本の賃貸物件の数は多い方であり、シーズンで無い時には多くの物件から選ぶことが出来ます。
ただし引越しシーズンとなってしまいますと、逆に良い物件と出会えなくなってしまうのでタイミングが非常に重要なのです。賃貸物件に住んだ時に毎月支払うのは家賃だけに限ったことではありません。
家賃だけに囚われすぎてしまうと、その他管理費や駐車料金などの存在を忘れがちですので、総支払額を考慮して物件探しをすることが大切です。

家賃を設定する時には毎月の収入の3分の1以下に抑えるのが目安となっています。
当然のことですが、家賃が高くなればなるほどその分初期費用として支払う金額が高くなってくることを忘れてはいけません。

物件探しでは広さや部屋数はあまりこだわらない方が確かに探しやすくなりますが、荷物が入らなかったでは意味がありません。
今現在利用をしている家具などをそのまま引越しする場合には、その家具を搬入することが出来るかどうかをメジャーなどを使用して計測しておきましょう。"




設定家賃は収入の3分の1以下に抑えようブログ:18-8-20

我が家は、夫、妻であるわし、
大学生と高校生の娘2人の4人家族です。

結婚して22年、
夫と出会ったのが大学生の頃ですから、
もう相当長い付き合いになります。

思うのですが、家の中で親父は、
家族のために一生懸命働いているのに、
母と娘とのがっちりしたつながりに比べて、
うっかりすると仲間はずれ的な、
蚊帳(かや)の外的な存在になりがちだと思いませんか?

どんな夫婦も、いま別れずに一緒にいるということは、
心の奥底で、お互いをかけがえのない存在として
愛おしく思っているからだと思います。

わしから夫へのふつふつとした愛情に気付いていくと、
家族のために雨の日も風の日も真面目に働いてくれた夫に
感謝の気持ちが湧いてくると同時に、
わしから夫にこれから出来ることは何かな…
と改めて考え始めました。

その時に思いついたことが、
家の中をすごくあったかくしよう!
みんなが親父のこと大好きな雰囲気を作っていこう!
ということです。

家族に絶対的な影響力のある母が、
「夫のことを大好き」だったら、
娘たちも親父のことが大好きになるはず…

そういう家庭は
夫にとっても居心地が良いのではないかと思ったのです。

その想いが功を奏して、
気がつくと娘とわしとの間で
「夫の話題」がものすごく多くなっていきました。

といっても、ほめてほめて褒めまくっているわけではありません。
大体生意気ざかりの娘たちに、それを求めるのは酷というものです。

わしは、家族の中で言われる他愛のない悪口ほど
「犬も食わない」ものはないと思うのですが…
まさに好意の裏返し、親密感の表れ、そう思いませんか?

設定家賃は収入の3分の1以下に抑えよう

設定家賃は収入の3分の1以下に抑えよう

★メニュー

設定家賃は収入の3分の1以下に抑えよう
未来を考えて賃貸物件を探す
賃貸契約の前に大家さん自身が審査
失敗をしない上手に引越しをするポイント
周辺環境など細かく物件の下見をしよう
足を使った賃貸物件探しが大切
最初に不動産屋へ問い合わせ
賃貸で起こりうるトラブル対処
良い物件は広告を出さなくても埋まる
納得の契約をするには賃貸物件情報の収集


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)探すなら便利でお得な賃貸