納得の契約をするには賃貸物件情報の収集

納得の契約をするには賃貸物件情報の収集



納得の契約をするには賃貸物件情報の収集ブログ:15-11-14


よく「ビールは減量中は控えたほうがいい」
という話を聞きますよね。

理由としてよく言われているのが、
ビールはカロリーが高いから
減量の妨げになるということです。

確かに、ビールにもカロリーはありますから、
あながち間違いではありません。

しかしそれよりも
ビールが減量中によくない理由があるんです。

ビールを身体の中に入れることによって、
肝臓をはじめとする身体のありとあらゆる器官が、
アルコールを分解し、排出するための体制に集中をする傾向があります。

ある意味そのくらいアルコールは、
身体のエネルギーを集中させないと
分解、排出することができないともいえます。

でも身体には、他にもいろいろな役割があります。

食事の中の栄養分から、
筋肉などの身体の材料を作ったり、
カロリーを消費したりということがあります。

ところがビールを飲むことによって、
身体の他の作業が一旦ストップしてしまうのです。

筋肉を作ることができなくなると、
カロリーを消費するすべを失います。
ですから、結果的には
ビールによって減量の進行を食い止めてしまう形になります。

なので、
減量中、ビールはできるだけ控えたほうがいいでしょう。

もしどうしても禁酒が難しいというなら、
飲むビールの量ではなく、
ビールを飲む回数を減らすことを心がけましょう!

一切ビールを飲まない日を設定することによって、
身体がアルコールの分解に気をとられることがなくなります。

そのため、減量に集中することができるのです。

納得の契約をするには賃貸物件情報の収集

納得の契約をするには賃貸物件情報の収集

★メニュー

設定家賃は収入の3分の1以下に抑えよう
未来を考えて賃貸物件を探す
賃貸契約の前に大家さん自身が審査
失敗をしない上手に引越しをするポイント
周辺環境など細かく物件の下見をしよう
足を使った賃貸物件探しが大切
最初に不動産屋へ問い合わせ
賃貸で起こりうるトラブル対処
良い物件は広告を出さなくても埋まる
納得の契約をするには賃貸物件情報の収集


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)探すなら便利でお得な賃貸