"どんなに賃料が安かったとしても、その物件の利便性が全くダメなようではその物件を選ぶ価値はありません。
確かに賃料も大切な賃貸選びの重要なポイントとなりますが、最も重要なことは利便性だということを忘れないでください。物件の下見ではまず部屋を一通り見て、汚れや設備などの破損がないかを細かくチェックしてください。
このチェックの段階で傷等が見つかった場合には、入居までに修復をしてもらう必要があります。

 

現地調査では部屋の実際の長さを測って、間取り図にメモをしておくようにしてください。
引越し当日に家具の配置を決めるのではなく、このメモを参考にして事前に決めておくようにしましょう。

 

コンセントの位置や数に不足はありませんか?また、電気を多く使う人は、電力の契約容量も確認しておいてください。
建物自体が古いと容量が低くなっている可能性もあるので、事前にしっかりと確認をしておきましょう。"

七騎の会check!
http://xn--u9j630g7xa460t.net/



周辺環境など細かく物件の下見をしようブログ:19-2-04

母親が亡くなってから
パパとぼくは二人暮し。

パパと母親と兄貴とぼくの四人家族のうち、
パパとぼくの仲はすこぶる悪い。

兄貴が結婚を機に家を出て、母親が急逝して、
一番仲の悪い二人が残されて暮らすことになってしまった。

四人で暮らしていた頃は
母親や兄貴が緩衝作用をしてくれて摩擦は避けられていたが、
二人きりになってからというもの
険悪さは赤裸々になっていった。

お互い、物静かな性格だから
取っ組み合いや言い争いなどはしない。

ひたすら無視しあうばかりの冷戦となる…
陰湿なことこの上ない。
どうしても伝達が必要な場合は筆談や、
メモを置くということになる。

「お前の言い分もわかるけれど、お前の半分はお父さんなんだよ」
兄貴がぽつりと電話越しに言った。

「お前が嫌っているお父さんは、お前の半分なんだよ。
それにおれの半分でもあるんだよ。自分の半分を嫌って気持良いか?
おれの半分は嫌いか?」

ぼくの半分はパパ。
大好きな兄貴の半分もパパ。
パパを嫌うことは、自分の半分を嫌うこと。
パパをののしることは、大好きな兄貴の半分もののしること。

「お父さんにもっと優しくしてやれよ。おれのお父さんでもあるんだからさ」

兄貴にそう言われて、
心の奥の奥で凝り固まっていた何かが
すっと溶けたような気がした。

パパに優しく言葉をかけたら、
ぼくの半分も優しくされたようで気持良い。
ぼくの半分が喜んでいる。

パパを大切にすることは自分自身を大切にすること、
大好きな家族を大切にすることなんだ!

親とお子さん、この不思議なつながりを大切にしたいと思う。
そうしてパパとの暮らしを丁寧に重ねていきたい。

このページの先頭へ戻る